2017

02
08

成功したいなら、代理店の営業マンと仲良くすべしという話

成功したいなら、代理店の営業マンと仲良くすべしという話

広告出すためだけに営業マンを使うなんて馬鹿

デリヘルや交際クラブ、メンズエステのオーナー様に共通して弊社代表からたったひとつの質問がございます。
「お店やクラブにやってくる、広告代理店の営業マンと“仲良く”していますか?定期的な連絡をしていますか?」

このようなお伺いを立てたのも、“親しい広告代理店の人はいない”と答えるお店がとても多いからです。
最近の弊社では代表自らがお客様の元に伺う機会もございますが、代表いわく「ほとんどのお店が親しい営業マンがいない」とのこと。
そして代表はいつもこう続けます「なんで、代理店の営業マンと仲良くしないんだろう?」と。

「え、代理店の営業マンなんて広告に出稿するときくらいの付き合いだから別に仲良くしなくてもいいんじゃないの?」
「代理店の営業マンは誰と仲良くしても同じでしょ?」
このように思われるオーナー様もいらっしゃるかもしれませんが、実はそれ、大きな間違いなんです。その理由を弊社代表が解説いたします。

営業マンの価値は情報にあり

 

広告代理店の営業マンが持っているのは、広告に関するお得な情報や媒体プランだけではありません。もっといえば集金係でもありません。
彼らの価値は、風俗業界において大変貴重な“情報”をいち早く持っていることにあるのです。

・風俗業界で今何が起こっているのか(当局の情報や業界の風潮など)
・風俗業界で今儲かっているお店はどんな業態・どんなサービスをしているのか
・競合と呼ばれるお店はどういったサービスを展開しているのか

といったご自身のお店にも汎用できる情報をたくさん持っているのです。

実際に儲かっているといわれるお店や有名店に限って、そのバックには“広告代理店の敏腕営業マン”がついています。
広告媒体のことだけではなく、業界の情報収集や、時点のサービス改善のために積極的に彼らを活用しましょう。

ちなみに、数多くの開業支援を行っている弊社弊社代表もいまだに他社の広告代理店の営業マンと会って話をしています。
そうすることによって「良い営業マン」と「悪い営業マン」もかぎ分けられるようになるそうです。

いい営業マンを見分けて、積極的にお店のスタッフの一員くらいの気持ちで付き合えればよいかと存じます。
ただなかには「なんだか提案されている媒体に入れてはいるけど全然電話が鳴らない」などマージン重視の営業マンがいることも悲しいですが事実です。
なんか心当たりあるな……そんな方はぜひお電話・お問い合わせフォームにてお気軽にお問い合わせくださいませ。

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗店・関係者日記(ノンアダルト)へ 

お問い合わせはこちらから

お名前
メールアドレス
電話番号
ご質問内容



関連する記事

制作実績

<

>

Copyright(c). Copyright © 2003-2014 Fu-blog.com. All rights reserved.. All Rights Reserved.